上京するときの準備について

男女

東京で寮付きの求人を探すとき、実際に仕事が見つかったらどんな準備をすればいいのか分からないという人も多いでしょう。普通に地方から上京する場合は、まず賃貸の部屋を探したり、その部屋を借りるための初期費用(敷金・礼金など)を用意したりする必要があります。しかし寮付きの仕事であれば、そもそも部屋探しをする必要がありませんし、賃貸の初期費用もかかりません。さらに家具家電付きの寮であれば、そうしたものも新しく買いそろえるための費用も必要なくなります。そのため、上京するときにかかる費用は、基本的に引越し費用と交通費だけで済むと言えるでしょう。また引越しの荷物についても、家具家電付きの寮であれば、最小限の荷物で済ませることが可能です。

プラス面の評判

作業員

寮付きの求人を東京で探すときは、実際の評判が気になるものですが、プラス面の評判としては「お金が貯まりやすい」ということがまず挙げられます。会社の寮というのはそもそも家賃が安い(無料の場合もある)ですし、食費や水道光熱費が家賃に含まれていたり、家具家電が付いていたりするところも多いので、住居費や生活費をかなり安く抑えることができます。そのため、給料を貰ったときに手元に残るお金が多くなり、その分を貯金に回せるというわけです。他にも、会社の寮というのは職場に近い場所にあることが多いので、「通勤が楽にできる」というプラス面の評判もよく聞かれます。また、寮が遠い場所にある場合でも、専用の送迎バスを利用できることも多いため、通勤に不便を感じることはあまりないでしょう。

マイナス面の評判

アパート

東京で働ける寮付き求人のマイナス面の評判としては、「規則が厳しい」ということがまず挙げられます。寮では共同生活になるということもあり、門限や人の出入りなどに関する規則が設けられているところがほとんどだと言えます。そのため、一人暮らしのような気楽さはないと言えますし、規則の厳しさに息苦しさを感じる人もいるでしょう。次に挙げられるマイナス面の評判は、「隣の部屋などの騒音や生活音が気になる」というものです。部屋を仕切る壁が薄いと、隣の部屋の音が聞こえることはよくありますし、それが気になってしまう人もいます。しかも、同じ職場で働いている者同士だと、普通の賃貸に住むよりも余計に音に対して気を使ってしまうということもあるようです。さらに寮の場合は、「同僚や先輩が同じ建物に住むことになるので気まずさを感じる」というマイナス面の評判もあります。以上のようなことを考えると、プライベートを重視したい人は、寮付きの求人を探すときにより慎重さが必要だと言えるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中